システムトレードとは

システムトレード(wikipedia)

システムトレード(System Trade)とは、投資を行う際に裁量を排し一定売買ルールに従って売買を行う方法を指す和製英語。通常コンピュータに行わせる非裁量トレードの事を言う。略して「シストレ」。システムトレードをする人のことを『システムトレーダー』と称する。」と書いてあります。

 

一言で言えば、「決まったルール通りに取引をする」事です。

一定のルールで取引をしないことを「裁量取引」と言います。

当サイトでは、個別株式を対象に、主にテクニカル指標を使ったスイングトレード(1~6日)での取引に最適化された、

システムを使用しています。

 

広義のシストレとは最初に述べた通りですが、狭義のシストレには色々な種類があります。

投資対象をFX(為替証拠金取引)とするもの。

先物を投資対象とするもの。

投資期間を1日以内にするもの、1か月以上にするもの。

売りだけで行うものなど非常に多くのシステムがあります。

また、その取引方法を手で行うものからプログラミングによる売買で行うものがあります。

 

一般的に知られているシストレは、

FXを対象に、誰かが作ったシステムを自動売買するものがよく知られています。

しかし、残念ながらそのほとんどが長期的な有効性を持ちません。

 

これについては、過去の記事で何度かお話ししています。

今後、なるべく分かりやすく解説していきたいと思います。

 

一つだけ言えることは、世の中に出回る多くのシストレは恐らく有効性を持ちませんが、

しっかりと学習し、理解を持って行えば、非常に有用な投資方法であるという事です。

 

 

↓ヤル気スイッチのpushお願いします↓
  にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ


【初級編】
 


【中級編】
  


【上級編】
ページ上部へ戻る